スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異邦人

2009 05 04
小説(海外)のご紹介第一弾。

異邦人 カミュ 著  窪田啓作 訳


あらすじ(wikipediaより)

アルジェリアのアルジェに暮らす、主人公ムルソーのもとに、彼の母の死を知らせる電報が養老院から届く。母の葬式に参加したムルソーは涙を流すどころか、特に感情を示さなかった。彼は葬式に参加した後の休みの期間中、遊びに出かけたまたま出会った旧知の女性と情事にふけるなど、普段と変わらない生活を送る。ある晩、友人レエモンのトラブルに巻き込まれ、アラブ人を射殺してしまう。ムルソーは逮捕され、裁判にかけられることになった。裁判では人間味のかけらもない冷酷な人間であると証言される。彼の母親が死んでからの普段と変わらない行動は無関心・無感情と人々から取られたのだ。彼は裁判自体にも関心を示さず、裁判の最後で殺人の動機を問われ「太陽が眩しかったから」と答えた。判決では死刑を宣告され、ムルソーはそれすら関心を示さず、上訴もしなかったため、死刑が確定した。留置場に司祭が訪れ、ムルソーに悔い改めるように諭すが、彼は司祭を追い出す。留置場の中でムルソーは、死刑の瞬間に人々から罵声を浴びせられることを人生最後の希望にする。



第一部はゆったりした流れから、ある日殺人を犯かす。その後の第二部の激流のように変化する描写のスピード感が印象的。

殺人を犯した理由を「太陽のせい」といったムルソー。
不条理の認識を極度に追求したカミュの代表作。
などと宣伝されるが実際読んでみると、殺人の理由が太陽のせいというのに納得できてしまう。
それは本書のなかでたびたび太陽の鮮烈な描写があるかなのか。
あるいは、現在日本でおこる理由なき犯罪、漠然とした犯行理由による犯罪になれてしまったのか。

異邦人を読んで納得・理解ができてしまう、この不条理な現実。


スポンサーサイト
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。