スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高学歴ワーキングプア

2009 05 04
文系で修士課程、文理にかかわらず博士課程に行く気の方は必読。
教授になろうとしてる人は、これを読んで、覚悟を決めてから進学するとこと勧めます。

高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書) 水月昭道 著

人間環境学博士の著者が現状の大学に対して不平不満をぶつけている。
文系で博士課程行く人は覚悟決めた人であり、その後の人生は自己責任だろと考えていたが、本書を読んで100%自己責任とは言い切れないのかなと思いなおした。
ともかく、国の大学院の重点化政策が迷走していることは間違いない。
国公立の大学院博士課程を卒業して、その能力を生かせないのは税金の無駄使いだし、社会的にも優秀な人材の損失だ。
日本の雇用の現状、新卒一括採用が主であり、既卒や博士課程卒は採用されにく現状にも原因がある。

話はそれるが、私は日本の新卒一括採用という雇用慣習は素晴らしいものだと考えている。
新卒はまだまだ実践業務では使えない人材だが、将来性を見込んで教育費をかけ、育て上げる。
一種の社会貢献といえるのではないか?
日本では転職市場がまだまだ未発達なので、一生同じ企業で働き続ける風土がある。
それゆえ、新卒一括採用が成り立つ面もあるが、新卒が早期に離職したら企業は損失を被る。
その一方、新卒で採用さなかった、レールから外れてしまった人たちへは厳しい雇用慣習ではある。

閑話休題

現在は博士卒に対してイメージで使いにくいと考えている企業が多いが、博士卒に仕事をできる実力があれば、自然と雇用環境は改善されていくだろう。
楽観主義的かもしれないが、雇用慣習もグローバル化の中で変化している。現状に比べたら、博士卒によい方向になる可能性は高い。
Googleのように積極的に博士卒を雇用する企業が出てきてもおかしくない。

ただ、今現在ポスドクの方は国策の犠牲者か、自己責任かどうかは分からないが、教授以外のさまざまな道を模索する必要があるだろう。


« Prev | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。